« 社長交代のお知らせ | トップページ

新型車両「K3290形」の登場について

K32901

2008年から試作車を投入し、試験営業運転を行っていた「K3290形」ですが、この度量産車が登場することが決定しました。

量産編成の最初の投入区間は阪奈線の快速急行、すなわち関西快速線直通列車などの運用に入る予定です。

車体は従来の快速急行電車「3810形」を基本に、車内の設備を使いやすさを重視し改善しました。

座席は混雑を緩和するため2+1に。またより細かく皆様にさまざまな情報をお届けするため、LCDディスプレイを取り付けました。

車両の詳しくについては関西日本鉄道HPの車両紹介ページにてご覧になれます。

http://aogama.rakurakuhp.net/i_524150,si_70427.htm

阪奈線に投入後は、その線区のニーズにあうよう細かい改善を行い、他線区にも投入予定です。

|

« 社長交代のお知らせ | トップページ

ニュースリリース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002070/35946877

この記事へのトラックバック一覧です: 新型車両「K3290形」の登場について:

« 社長交代のお知らせ | トップページ